他人事ではない、性感染症 「梅毒」の記事をまとめてみた!

健康・美容

他人事ではない、性感染症 「梅毒」の記事をまとめてみた!

「梅毒」急増化

過去の病気ではありません

梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)とは、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。
梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつある。たびたびヒト免疫不全ウイルスと併発するケースがあり、乱交、売春、コンドーム不使用、男性同士の危険な性行為に起因する[1][2][3]。
in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA 配列が決定、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギの睾丸内では培養することができる。

出典 http://ja.wikipedia.org

こんな発疹が出ていたら、すぐに病院に行きましょう



「バラ疹」



梅毒感染病気2期(感染3ヶ月〜3年目)に出現する。ただの発疹ではありません。

すぐに病院に行きましょう。抗生剤(ペニシリンG)の投与で改善します。



自分や大切なパートナーの命を守るため、


「うつさない、うつらない」



自分の身は、自分で守りましょう。


【SEXのビョーキ】梅毒が急増中 過去の病気ではない! 感染者数が4年で約5倍 20代女性の性的接触拡大が原因か かかった後の恐ろしさとは?

急増「梅毒」原因は感染に気付かない?どうすれば予防できる?

青森県内で梅毒患者が急増 上半期39人、昨年上回る(デーリー東北新聞社)



何度でも言います。



梅毒は治療可能な疾患です。



病院へ行き、抗生剤(ペニシリンG)の投与を受けましょう。




大切なパートナーと自分を守るために、うつさない、うつらない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ