抗菌薬無効「アスペルギルス 真菌」を考察してみた!

健康・美容

抗菌薬無効「アスペルギルス 真菌」を考察してみた!

抗生物質の効かない肺炎があります

真菌(カビ)に要注意

 肺炎症状(発熱、咳、喀痰、血痰、呼吸困難、胸痛)が急速に増悪し、抗生剤が無効の病気。


 浸襲性肺アスペルギルス症



侮るな。


直ぐに、お近くの病院に行きましょう。

●侵襲性肺アスペルギルス症の概略
 侵襲性肺アスペルギルス症(Invasive Pulmonary Aspergillosis;IPA)は
 血液疾患や移植後などの免疫抑制状態や、肺の構造破壊のある患者で
 発症しやすいと報告されている。
              AJRCCM 2006 ; 173 : 707―717.
 アスペルギルスによる肺感染症が起こるケースの90%は、
 ①好中球<500μl
 ②生理的な量以上のステロイド治療
 ③そのほかの免疫抑制剤(シクロスポリン等)投与中
 の3項目のうち2 項目以上を満たす場合と記載されている。
          Harrison’s Principles of Internal Medicine 16th ed.
 IPAは、明らかな免疫抑制状態にない患者であっても
 特にCOPD をもつ症例で発症するとの指摘が近年増加してきている。
           Journal of postgraduate medicine 2003 ; 49 : 78―80.
           Clin Microbiol Infect 2005 ; 11 : 427―429.
           Can Respir J 2005 ; 12 : 199―204.

出典 http://pulmonary.exblog.jp

この記事もDreamersで作成しました。

ランニングコストもかからない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ