止まらない鼻血は要注意「急性骨髄性白血病 」を調べた結果!

健康・美容

止まらない鼻血は要注意「急性骨髄性白血病 」を調べた結果!

止まらない鼻血は只の鼻血ではない

 夏目雅子さんのような素敵な女優さんも「急性骨髄性白血病のM3」で亡くなりましたが、

 今では沢山の良い治療薬があります。


 止まらない歯ぐきの出血や鼻血は、直ぐに近くの内科を受診しましょう。

急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。
概要[編集]
正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という[1]。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。
急性骨髄性白血病では白血病細胞は分化・成熟能に異常を来たし、白血病細胞は造血細胞の幼若な形態をとることから、芽球とも呼ばれる。急性骨髄性白血病はこの芽球が増殖する疾患である。
白血病細胞は正常な造血細胞と比べて増殖(細胞分裂)が速いわけではなく、むしろ増殖の速度は遅い[2]。正常な血球は寿命を持ち、造血が適切なコントロールを受けているために一定の数を保っている。しかし白血病細胞はコントロールを受けることなく増殖を続けるために無制限に数を増し、骨髄中で正常な造血細胞を圧倒して正常な造血を阻害し、骨髄中から末梢血へとあふれ出てくるのである[1][2]。
白血病細胞が増殖して骨髄を占拠してしまうために正常な造血が行えなくなり、赤血球、白血球、血小板が減少するために出血、易感染症、貧血などの諸症状を起こす。また、末梢血にあふれ出た白血病細胞が各臓器に浸潤し、各臓器の組織を破壊することで様々な症状を引き起こす[1]。
なお、慢性白血病は急性白血病が慢性化した疾患ではない。この両群の発生機序は基本的に異なり、急性白血病が慢性化することはないが、逆に慢性白血病が急性化することは少なからずある(急性転化)[1]。

出典 http://ja.wikipedia.org

201503きょうの健康②急性骨髄性白血病

骨髄異形成症候群・急性骨髄性白血病  内田 直之

急性白血病の治療 黒澤 彩子

 

 急性前骨髄球性白血病(M3)

 治療反応性が最もがよい。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ