手洗い必至です。「O-157 」対策

健康・美容

手洗い必至です。「O-157 」対策

ポテトサラダからO-157検出


 まな板や調理器具はよく洗いましょう。


 老人や小児は抵抗力がないので、食事前はよく手洗いをしましょう。


 大人数が触る大皿での販売は気をつけましょう。

埼玉県熊谷市の惣菜店のポテトサラダを食べた6人から「O-157」が検出された問題で、新たに別の店の利用客など4人からも「Oー157」が検出されました。

 埼玉県によりますと、7日と8日に熊谷市の「でりしゃす籠原店」で、ポテトサラダを購入して食べた6人から腸管出血性大腸菌「O-157」が検出されました。その後の調査で、熊谷市と前橋市の同じ系列の別の店などで販売されたポテトサラダを食べた4人からも「O-157」が検出されたことが分かりました。これで感染者は10人になりました。これを受け、惣菜店を運営する会社は、原料のポテトサラダが汚染されていた可能性を否定できないとして、「でりしゃす」の全店舗で告知をするということです。また、重体の5歳の女の子と重症の2人は快方に向かっているということです。

出典 http://news.tv-asahi.co.jp

20年前のO157集団食中毒 後遺症で女性が死亡

ノロウイルス(02) 次亜塩素酸ナトリウムで、ノロウイルス・インフルエンザ・O-157感染対策・除菌

病原性大腸菌(びょうげんせいだいちょうきん)とは、特定の疾病を起こす大腸菌菌株の総称である。毒素原性大腸菌[1]とも呼ばれる。細菌学的には、菌の表面にある抗原(O抗原とH抗原)に基づいて細かく分類される[2]。このなかで、O111やO157は100人を超える規模の食中毒をたびたび発生させることがあり先進国で問題となっている[3]
概要[編集]
大腸菌は通常病原性を持っていないが、病原因子をコードした遺伝子(病原性遺伝子)を獲得すると病原性を持った大腸菌になる。病原性を持たない常在細菌の大腸菌と下痢原性大腸菌は、生化学的性状では区別できないため、下痢原性大腸菌の検査は毒素産生性の確認などの病原因子の検出が必要になる[4]。血清型 O抗原とH抗原 の組合せで表現され、184種類のO抗原と53種類のH抗原が明らかになっている[4]。保有している遺伝子により産生される毒素は異なるが、重篤な中毒症状を起こすベロ毒素が有名である。また、O157抗原を有する大腸菌が常にベロ毒素を産生するとは限らない[2]。

出典 http://ja.wikipedia.org

感染予防(06) 手のアルコール消毒 【ノロウイルス・インフルエンザ・O-157感染対策】

ちょっとビックリする食中毒の原因食品

O-157(01) 特徴 【感染対策】

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ