腹痛を伴う皮疹は膠原病を疑いましょう

健康・美容

腹痛を伴う皮疹は膠原病を疑いましょう

皮疹を押しても消えません。

腹痛も伴っていたら要注意です。


小児領域に多いですが、成人にも発症します。


アレルギー反応により、毛細血管の透過性が亢進して組織の浮腫や出血を来します。



皮疹はIgAが関与する血管炎なので、皮疹を押しても消えません。


よって蕁麻疹とは違うので、お近くの内科や膠原病を専門としている病院を受診しましょう。

アレルギー性紫斑病(アレルギーせいしはんびょう)とは、アレルギー性機序により血管が障害を受け、四肢末梢の紫斑を主としたさまざまな症状を呈する疾患である。好発年齢は4〜7歳であり、男女差はみられない。 別名として、「アナフィラクトイド紫斑病」「血管性紫斑病」「IgA血管炎」「シェーンライン・ヘノッホ紫斑病」(Schönlein-Henoch -)等がある。
原因[編集]
詳細な原因は不明ながら、種々のウイルス感染症や細菌感染症に続発することが多い。特に、A群β溶血性連鎖球菌(GAS)感染症に続発するものはよく知られており、上気道感染が先行することがある。また、薬剤や食物などとの関連が示唆されることもある。
血液所見[編集]
おおむね正常であることがこの疾患の特徴である。すなわち、血小板減少はなく(白血病、血小板減少性紫斑病との鑑別)、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長も示さない(血友病との鑑別)。出血時間は正常。毛細血管抵抗試験(ルンペル・レーデ試験)陽性。凝固第XIII因子の活性低下を認めることがあるが、一般的な検査項目ではない。また、A群β溶血性連鎖球菌感染症後では、抗ストレプトリシンO(ASLO)抗体、抗ストレプトキナーゼ(ASK)抗体の上昇を認める。
治療[編集]
症状が紫斑のみである場合、無治療で経過観察する。機械的刺激のある部分で紫斑が悪化するため、安静を心がける必要はある。また、腎炎の発症の可能性があるため、定期的な尿検査が必要。腹痛・関節痛などで日常生活が困難となった場合、入院加療が必要となる。副腎皮質ステロイドの投与が急性期症状の改善に有効であるが、特に腹痛を伴う例では消化管からの吸収に期待できないため、ステロイドは静脈内投与することが多い。

出典 http://ja.wikipedia.org

この記事もDreamersで作成しました。

ランニングコストもかからない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ