エルビスの死因は便秘だった???

健康・美容

エルビスの死因は便秘だった???

本当は怖い、慢性便秘

Elvis Presleyは、1977年、42歳の若さで亡くなった。

死因は当時、Heart Attack(心不全)と報道された。

エルヴィス・アーロン・プレスリー (Elvis Aron Presley, 1935年1月8日 - 1977年8月16日)は、アメリカのミュージシャン、映画俳優。

出典 http://ja.wikipedia.org

エルヴィス 便秘

出典 http://1.bp.blogspot.com

しかし、2010年になって、彼は慢性便秘のために死亡したと言う説が、主治医の話として報道され、世界的に話題となった。

Elvisの剖検所見では、彼の死因は致死性不整脈とされており、処方薬の過剰内服がその誘因であったとされている。

Elvisは知っての通り、大のドーナッツ好き。
1日に20〜30個はペロリと食べしまう。そのため、冠動脈や大動脈および脳血管に高度の動脈硬化があり、
心肥大と肺気腫もあったとされるが、健常人の2倍超の巨大結腸と大量の内容物の充満があったことが記されていた。

彼は、ベンゾジアゼピンや抗うつ薬に加え、大量のオピオイド鎮痛薬を常用していたことから、おそらくオピオイド誘発性の
「便秘」であったと思われる。

オピオイド (Opioid) とは、ケシから採取されるアルカロイドや、そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指し、鎮痛、陶酔作用があり、また薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす[1]。このようなアルカロイド(オピエート)やその半合成化合物には、モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンなどが含まれ、また合成オピオイドにはフェンタニル、メサドン、ペチジンなどがある[1]。これらは本来的な意味で麻薬(narcotic)である[1]。オピオイドとは「オピウム(アヘン)類縁物質」という意味であり、これらが結合するオピオイド受容体に結合する物質(元来、生体内にもある)として命名された。

出典 http://ja.wikipedia.org

慢性便秘は死亡リスクを高める。

慢性便秘を有する症例の生命予後は、有意に不良であることが、米国の研究により示されている。

あなたも、便秘に苦しんでいませんか?

エルヴィスの毎日ドーナッツ30個とは違っても、甘いもの、油物、こってりとした食事習慣はありませんか?
便秘は、食生活に原因があるかもしれません。


今日から、ケフィアヨーグルトで腸内環境を綺麗に整えて、便秘を解消しましょう。

この記事もDreamersで作成しました。

ランニングコストもかからない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ